• ホーム
  • ダイエットの停滞期は誰にでもある!乗り越えるための脱出方法もある!

ダイエットの停滞期は誰にでもある!乗り越えるための脱出方法もある!

お腹の脂肪を気にする女性

女性であれば誰でもダイエットをしたことがある経験を持つ人は多いです。最初のうちは体重が減少することを実感しやすいですので、うまく行っているという感触を得やすいです。しかし、体重減少のカーブが緩やかになるとなかなか効果が無いと感じることがあります。こういう時期のことを停滞期と言い、その時期をどうやって乗り越えるのかというのがポイントです。停滞期と痩せる時期を繰り返しながら目標に向かって頑張っていきます。

停滞期に陥っている時期というのは、なかなか体重が減少しないです。食事制限や運動を行ったとしても効果が上がるわけでは有りません。原因の一つとして挙げられるのが、人間が本来持っている防衛本能です。体が飢餓状態に陥っている時には、食事によりエネルギーをなるべく貯め込もうとしますので、エネルギー消費をなるべく抑えるようになります。食事制限をしていますが、それに伴って基礎代謝量も減るために、消費するカロリーが少なくなるということです。

ダイエットをしているに当たり停滞期は絶対にありますので、そこで諦めてしまわないようにするべきです。そのまま我慢するようにすれば挫折するということは無くなります。体重が減らないということはかなりのストレスに繋がります。せっかく食事制限をしていたり、適切な運動をしているにもかかわらず結果が出ないともなると、それは相当辛いことです。

もしかすると、そのまま『挫折』という道を選ぶ可能性もあります。挫折してしまったら終了で、ドカ食いをすることでリバウンドをしてしまい、ダイエットをする前よりも体重増加に陥ってしまいます。リバウンドをした後に再びダイエットをするならば、相当痩せにくくなりますので、停滞期をどう過ごすのかを考えることはとても大切です。

停滞期はダイエットを始めてから1か月ぐらい経って、体重が5%ぐらい減り始めてから起こることが多いです。毎日体重計に乗ったとしてもなかなか成果が出なくなりますので、挫折しやすいと言えます。真面目にやっているからこそ、多少停滞する時期が来るということです。停滞する時期が来るというのは体の防衛反応が起きているということの表れですから、これは正しい方法に他なりません。この時期に挫折してしまうと意味が無くなりますので、カロリー摂取を控えたり、適切な運動をするということは同じようにやるべきです。

停滞期はずっと続くというわけでは無く、2週間から1か月ぐらい続くと言われています。この時期にきちんと辛抱できるかどうかがポイントです。マイナスな気持ちになるのではなく、プラスな気持ちになる『メンタル』を持ち続けることが大事です。停滞する時期があるということは、基本的にうまく行っているんだなという風に思えればいいでしょう。逆に停滞しているからこそ、もっとハードにしないといけないと思うのは逆効果になるので止めるべきです。

停滞期に陥っている時は、メンタルが沈んでしまって『モチベーション』が上がらないということが往々にしてあります。モチベーションが下がってしまって挫折してしまうのは、とてももったいないことです。そうならないためにも女性であれば、痩せた時に着てみたい服を事前に購入したり、彼氏のことを思い浮かべたり、憧れているモデルのことを考えたりすることにより、モチベーションを上げるようにしてください。

綺麗になりたいと思ってダイエットに励んでいたわけですが、停滞期が来ると辛いことがとても多いです。いろいろと原因を探ったところで、どうしようもないですから、自分で何とかモチベーションを保つようにしなければいけません。ダイエットに成功するのであれば、間違いなく綺麗になりたいという欲を満たすことができます。それを目指して頑張っていくしかないです。