• ホーム
  • 市販のダイエットサプリを飲めば痩せるは嘘!運動は欠かせない

市販のダイエットサプリを飲めば痩せるは嘘!運動は欠かせない

ダイエットサプリを服用するだけで痩せるということはまずありません。それはなぜかというと、サプリメントは薬ではないからです。薬ではなく健康補助食品ですので、それだけで痩せる効果があるということは言えないです。食事制限や適度な運動をメインにして、メインの活動を促進するためにサプリメントを活用するのが望ましいでしょう。

せっかくエクササイズを行うのであれば、2つの運動の違いについて知っておいたほうがいいです。ランニングやウォーキング、水泳などの有酸素運動と、筋トレや短距離ダッシュなどの無酸素運動があります。前者の方は、酸素と脂肪をエネルギーにしていますので、ダイエットの効果はとても高いです。筋肉を増やす効果はあまりありませんが、ダイエットをメインにするのであれば、有酸素運動を中心に行うのが望ましいです。ただ、有酸素運動だけをやるのは効率が悪いですので、筋肉をつけて基礎代謝量を増やすために行う筋トレも合わせて行わなければいけません。筋トレなどで筋肉量を増やすことができれば、基礎代謝量が増えますので、運動以外の活動であってもカロリーを消費してくれますので、ダイエットに効果的です。

有酸素運動を行うのであれば、別にウォーキングでもランニングでも水泳でも構いませんが、自分が楽しくできるものを選んで習慣化することが大事です。毎日する必要はありませんので、出来る限り週3日で1日20分というラインで頑張ってみてください。1日やってみて筋肉痛などが起きたり、とても体調が悪いなと思ったのであれば、休んでも構いませんので、やれる時にやるというのが継続するコツです。1日20分以上続けてエクササイズを行うことにより、脂肪がやっと燃焼のために使われたりしますので、それ以上行うようにしてください。ただ、1日20分以上やる時に、10分ずつに区切って行うのも別に構いません。

どういうエクササイズを選んだとしても継続して続けられるのかどうかがポイントで、そのための頻度や強度などを自分なりに調整してください。運動不足の人がいきなり強度の強い運動をしてしまうと、やる気をなくしたり疲労が溜まったりしますので、呼吸や心拍数などを尺度にして、きつ過ぎず、緩すぎずというところで運動を重ねてください。継続的に運動する習慣がつけば運動不足の解消にもなり健康にも良くなります。さらに脂肪燃焼を促進させたいならば、脂肪燃焼系のサプリメントを事前に服用してから、スタートすると効率的です。

有酸素運動だけでなく、筋トレに取り組むことによって、基礎代謝量を増加させることができます。筋トレを行う場所としてジムに行くという人もいるかもしれませんが、ジムに行くためには会員になる必要があります。お金を払ってエクササイズを行うことができるのであればいいですが、そうでないならば、自宅で筋トレをするしかありません。自宅で筋トレをするのであれば、スクワットや腕立て伏せ、腹筋、背筋などのエクササイズに取り組むことになります。1つのものに対して15回から20回ぐらいで大丈夫で、まだまだ余裕があるならば回数を増やしても構いません。

筋トレをやるとトレーニングによって筋肉が傷つくことになりますので、それを回復させるために食事としてタンパク質を摂取したり、プロテインを飲んだりする必要があります。また、もし有酸素運動と合わせて行うのであれば、筋トレを最初に行ったほうが相乗効果が図りやすいです。

エクササイズの始めと終わりにストレッチを行うことは、体にとってとても望ましいことです。エクササイズの始めに行うストレッチは、けがの防止や体を温めるために行います。それに対して、エクササイズの終わりに行うストレットは、体の疲労を回復するためにやります。