• ホーム
  • 誰でも飲めば痩せる薬がある!それはゼニカル!

誰でも飲めば痩せる薬がある!それはゼニカル!

体の脂肪を気にする女性

ダイエットをしたとしてもなかなかうまく行かないという場合に、ストレスなく肥満を解消することができるゼニカルという痩せる薬を利用する方法があります。ゼニカルは消化酵素のリパーゼに対して働きかけるオーリスタットという成分で作られた痩せる薬です。青いカプセル状ですので、見た目からびっくりすることがあるかもしれませんが、これを口から入れて飲むことにより効果を発揮してくれます。

ゼニカルがなぜ痩せる薬として注目を浴びているのかというと、オーリスタットという成分があるからです。リパーゼは消化酵素として脂肪を分解し、分解したものを吸収するという役割があります。脂肪を吸収してしまうと肥満になりやすくなりますので、ダイエットにとってはとても良くありません。そこで、オーリスタットがリパーゼに働きかけることにより、脂肪を体内に吸収するという働きを阻害するということです。阻害することによって、脂肪をカットしてくれますので、最終的に太りにくくなることに繋がります。

ゼニカルは今まで蓄えられている脂肪に働きかけるというわけでは有りませんので、もうすでに付いているものには効果がありません。しかし、これから食事をすることによって吸収される脂肪をカットしてくれるという意味においては、肥満予防になると言えます。肥満予防という意味においては、ダイエットに繋がらないのではないかと思いがちですが、肥満気味の人はそもそも摂取カロリーが多く、消費カロリーが少ない人が多いですので、ゼニカルを摂取することで少なくとも摂取カロリーの減少に効果的で、痩せたという時間を得ることが可能です

今まで食事制限に失敗してきた人はリバウンドに悩まされることになります。せっかく痩せてきたにもかかわらず、再び太り始めるというのは最悪な結果になります。食事制限や運動をしないといけないということは分かっているわけですが、それでもなかなかダイエットに成功しないということが十分にあり得ることでしょう。ゼニカルを用いてダイエットをすることによって、食事制限をわざわざすることなく、普段の食事を楽しむことが可能です。食べることを我慢することがとても辛いと思っている人にとっては、最適な方法です。

ゼニカルを服用する時には用法を守ることを忘れないようにします。1回1カプセル、1日3回までというのが原則です。服用するタイミングは、各食事の食中または食後1時間以内にしてください。それ以上飲んだとしても、効果が上がるというわけでは有りません。きちんと適量を守って服用することがポイントです。きちんとルールを守って飲むことができれば、持病が無く健康な人にとっては健康被害が起きることは少ないでしょう。

ゼニカルを服用する時に起こりやすい副作用として、下痢の症状が見られることがあります。脂肪分をカットしたものは便となって排出されますので、それに伴って下痢を起こした便に油が混ざる可能性が出てきます。油は脂質から出てくるもので、最終的に便となって排出されるということです。飲んでいる間ずっと続くというものではなく、1週間から1か月の間続くことになります。脂質をきちんとカットしてそれが排出されるということは、別の言い方をするときちんと痩せる効果があるということの表れですので、こういうことが飲み始めた頃に続くんだという風に認識するといいでしょう。

ゼニカルは脂肪分をカットするということですが、それだけでなく、脂溶性ビタミンの吸収もカットするということを把握してください。脂溶性ビタミンはビタミンAやビタミンD、ビタミンE、ベータカロチンなどが該当します。こういうビタミンについても阻害されますので、積極的に摂取するようにしたほうがいいです。サプリメントなどによりビタミンを補給するのが手っ取り早いです。